断じて意気込まない!毎日動き+αで行えるながら筋トレ

高校生時代、陸上部に所属していた自分は筋トレが大好きだ。
当時は寝起き、朝練正面、昼過ぎ練正面、帰還その後、入浴前と、ランチタイムによって筋トレを通していました。

現役を引退して〇十層。
今でも筋トレは大好きです。

ただ、昔のようなガツガツした筋トレをするような時間はなかなか取れないんですよね。
しかもあんな本気の筋トレをやりだしたら何やら終われなですし。

そういう私の穴場が“ながら筋トレ”だ。

そもそもはたらくは筋肉を使って要るについてなんですよね。
は何気ない実行も、いつの筋肉を動かしているのかを意識すると筋トレになりますよね?
というのが私のアイデアだ。
メリットで何かをしながらどっかを動かして筋トレをするのが私の一年中の過ごし方だ。

午前起きる時は腹筋を意識して体を起こす。
寝ぼけまぶたで歯みがきをしながらスクワット。
メイクはエクササイズボールに座ってインナーマッスルを意識しながら。
階段を上がる時は大腿のあべこべの筋肉に意識を向ける。
列車では座らず内ももに力を入れて動きに持ち堪える。

常に地味な実行でいつの筋肉を鍛えられているかを考えるのが楽しみでもあります。

わずかそれだけ?と思いがちですが、筋トレって極論は意欲の保ち者なんじゃないかというんですよね。
しなやか筋肉を手に入れる結果、これからもながら筋トレ頑張りまーす。医療の世界で仕事がしたい。どんな勉強をする必要があるの?

長すぎた日にちで気づかなかった色々な身なりの更年期

私の更年期の姿はそれほど重くなかったのですが、歳月が思い切り長く、すべての姿を合わせると10歳ほど続きました。

頭痛というか、頭がひどい様子や消耗で何もやる意思が起きませんでした。男には「怠け疾患」と言われ傷つきました。いきなり暑さを感じて汗が噴き出す瞬間もありました。こういう歳月も長かったように思います。個々と違ったのは肩の時分を虫がはい訪ねる思いがあったのと、舌が痛くなったことです。

一番つらかったのはこういう舌痛でした。舌痛は食べ物の味覚がわからないぐらい凄くなったので、内科を受診したり、耳鼻咽喉科、歯科などを来院しました。おいおい更年期の姿は想いもしませんでした。

も、更年期の姿が出ていた瞬間だったので母さん科検診の時に、お医者さんに尋ねてみると、誠に舌痛はかなりみんなにおける更年期の姿だということでした。目下サイトなど色々要領もいただけるのですが、その頃は馴染みに言うこともはばかられ、駆け引きもできませんでした。意思が病んでいたのでしょう。

他の姿ではイライラして男や小児に当たり散らしたり、急にとりつかれた様にメンテがしたくなったりしました。これは生理の時と同じだったのですが、男や小児はいい人騒がせだったと思います。

生活のうちには色々なことを経験するはずです。私も淑女として人並みのことを徹底見聞きできてよかったと思います。今回思えば、天命における思い出深い何サイトかだ。介護の世界で現状と課題を分析し、プランを立てる仕事